坂口杏里薬物問題で勾留延長か!?

坂口杏里勾留延長か!?薬物で再逮捕も秒読みか

元タレントでセクシー女優の坂口杏里さんが4月18日に知人のホストの男性への恐喝未遂で逮捕されて丸3日があけました。

知人への恐喝未遂ということで、同日中の釈放とみていましたが、事件を重く見た検察側は本日東京地裁に勾留申請をしました。

ここまで重い処分は坂口杏里さんへの薬物疑惑が浮上しているからのようです。

坂口杏里さんはこれからどうなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

坂口杏里勾留延長か

ANRIさん(@anri6450)がシェアした投稿

坂口杏里さんの恐喝未遂ですが、刑法では

(恐喝)
第二百四十九条 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

(未遂罪)
第二百五十条 この章の罪の未遂は、罰する。

簡単に言うと恐喝未遂でも恐喝罪として処理しますよ。ということです。

そして恐喝罪は10年以下の懲役と意外と重い罪でもあります。

4月21日の朝に坂口杏里さんは東京地裁へ身柄が移され、裁判官による勾留質問が行われます。

この裁判官による勾留質問で裁判官が「坂口杏里さんの恐喝未遂についてもっと調べる必要がある」と判断されれば、その日から最大10日間警察署で勾留されることになります。

坂口杏里はなぜ勾留申請されたのか?

ANRIさん(@anri6450)がシェアした投稿

今回の坂口杏里さんの恐喝未遂ですが、通常であれば

  • 初犯である
  • 恐喝相手が知人である
  • 恐喝金額が3万円と少額である

ということで、とくに勾留する必要性は感じられず、ましてや東京地裁へ勾留請求はかなり重い処分です。

ではなぜここまで坂口杏里さんを調べる必要があるのか?

おそらく、坂口杏里さんの余罪を調べているのだと思われます。

その余罪とはズバリ薬物疑惑です。

坂口杏里さんはホストにハマると同時に薬物にもハマってしまったと言われており、当時通っていたホストクラブの男性に薬物を教わったと言います。

坂口杏里さんが2016年にテレビから急に消えてしまったのは、芸能界から干されたと言われていますが、ホストへの借金や薬物疑惑を察知したテレビ局側が判断したようです。

では坂口杏里に借金と薬物を教えたホストとは誰なのでしょうか?

坂口杏里に薬物を教えた”枢木ハルカ”とは

坂口杏里さんに薬物を教えたとされるホストは歌舞伎町のホストクラブ『All Black』の枢木ハルカさんだと言われており、フライデーに二人のデート中をスクープされた事もあります。

Google画像坂口杏里と枢木ハルカのフライデー写真

坂口杏里さんは、ホストである枢木ハルカさんにどっぷりとハマってしまい、借金地獄に陥りセクシー女優となってしまいました。

枢木ハルカさんは薬物で坂口杏里さんを自分の客にしたと噂されており、警察ではこの件についても調べているのでしょう。

もしこれで坂口杏里薬物で逮捕となったらビッグニュースです。

このニュースを45秒で解説

セクシー女優って薬物で逮捕される人が多いですよね。

坂口杏里さんが薬物を使用しているとはまだ決まっていませんが、異例の勾留申請が気になります。

注目の結果は本日の夕方ごろに発表されるでしょう。

もしかしたら、薬物まで辿り着けずに、釈放して泳がせるという手も警察はやるでしょうから、勾留申請の結果だけではなんとも言えない所です。

しかし火のないところに煙は立たないと言いますからねぇ?

sponsored link

坂口杏里勾留延長か!?薬物で再逮捕も秒読みか

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz