芦田愛菜の中学や塾が判明!

芦田愛菜の中学や塾が判明!女子学院なら引退!桜蔭か慶応か

天才子役として名をはせた芦田愛菜さんが、女優業の仕事をセーブしつつ中学受験に挑み、都内の私立最難関中学の一つに進学することが判明しました!

その進学中学が気になるところですが、女子学院なら引退で慶応か桜蔭かなと思います。

通っていた塾やどこの中学に進学するのかそれぞれ検証してみました。

スポンサーリンク

芦田愛菜、偏差値70越えの塾はどこ?

2005年にドラマ「mother」で、当時5歳ながらも年齢とはかけ離れた演技力で天才子役として注目を浴びた、芦田愛菜さんも中学受験という年齢になりましたね。

女優業をセーブしつつ、休日には1日12時間もの勉強をし、塾でも最上位クラスで勉強していたとのこと。

通っていた塾は「早稲アカEXIV校舎の西日暮里校」で特訓クラスのNNの最上位クラスにいたとのこと。

普通、ここまで子役として女優として実績を残していて、演技力もあればそのままわざわざ難関校を目指さなくてもいいと思いますが、芸に甘んじることなく将来を見据えての考え方(親の考えかも)や頭脳も素晴らしいですね。

芦田愛菜が進学する中学は女子学院なら引退!慶応か桜蔭か

さて、気になる芦田愛菜さんの進学中学ですが、ヒントは偏差70以上の都内の超名門校であること。

ネット上では御三家である女子学院の名前が挙がっていますが、ここに行くということは芸能界引退を意味します。

女子学院は偏差値75、制服でも私服でもいいというくらいの自由な校風ですが、芦田愛菜にとって一番のネックなのは「芸能活動禁止」なところなのです。

中高一貫ということも考えると、女子学院へ進学するということは同時に「芸能界引退」という結果になるのです。

女優業をセーブしてまで、合格しましたが、それが引退への準備であるなら納得も出来ます。

しかし、女優として天才的な才能があるだけに、引退するのかどうかは疑問です。

次に候補として挙がっているのは桜蔭中学校です。

偏差値75という女子学院と同レベルの超難関校で、御三家の一つでもあります。

大学進学実績は女子高では日本トップで、4人に1人が東大合格しているのです。

ただ、この中学は理系に強く、文系である芦田愛菜が進学するのかどうかは疑問です。

最有力候補として名前が挙がっているのは慶応義塾中等部(中学)です。

偏差値は74と上記の2校よりも少し下がりますが、それでも十分に難関校。

そのまま高校、大学への道もありますし、櫻井翔も慶応出身ですので、芸能活動にも理解がある模様。

さらに、噂レベルですが、大叔父にあたる人が日本の三大海運会社の1社である商船三井の芦田会長であり、三井といえば慶応閥(慶応委義塾出身者が多い)為に、慶応なのではと言われています。

まあ、芦田会長自身は慶応義塾出身ではないことと、複数の中学を受験していることから、子の縛り自体はないと思われます。

しかし、慶応ならイメージ的にも、今後の女優活動も出来るので、最適だと思います。

確定的な情報ではないものの、慶応辺りが一番の候補かなと思います。

このニュースを45秒で解説

子役の名女優として活躍している芦田愛菜さんが超名門私立中学に合格しました。

芦田愛菜さんが通っていた塾は早稲アカEXIV校舎の西日暮里校。

超名門私立中学は慶応か桜蔭。

sponsored link

芦田愛菜の中学や塾が判明!女子学院なら引退!桜蔭か慶応か

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz