ジョニーデップがペントハウスを売却、その気になる内装をチェック

米俳優ジョニー・デップさんが売りに出したロサンゼルスのペントハウスの内装がこのほど公開された。
かなりユニークな形状の家具や色鮮やかな絵画が各部屋に所狭しと並んだその様子は、建物全体が1つのアート作品になったかのようだ。

なぜ売りに出すかというと、2016年8月、女優のアンバー・ハードとの離婚の和解金として700万ドル(約7億円)の支払いに合意し、その和解金を捻出するために販売するというのだ
今回はそのジョニー・デップさんが売りに出したペンとハウスの内装をご紹介

ジョニー・デップのペントハウス

ジョニー・デップのペントハウス ジョニー・デップのペントハウス ジョニー・デップのペントハウス ジョニー・デップのペントハウス ジョニー・デップのペントハウス ジョニー・デップのペントハウス

スポンサーリンク

こちらが今回売りに出されているジョニー・デップさん所有のペントハウスの内装写真。
見ての通りの豪邸だ。
しかし、せっかく揃っている家具類なんかも全部いちいち好みが別れそうなものが多く、よほど趣味が合う人でなければ引っ越しはまずこの物件内にある不要な家具の廃棄から始まりそうな感じだ。
気になる売値だが、1,270万ドル(約13億円)で売りに出しているとのこと。

QandAまとめ

ジョニー・デップさんにとって先の離婚において支払いが決まった和解金の7億円なんて屁でもない金額でしょうから、さすがに金銭的な理由での売り出しではないと思います。
というか13億円程度の資産すら「売却しなきゃならない」ような事態にもし陥るようなことがあったら、その時にはこういう人たちってもっと、500億とか、そういう桁違いの負債を抱えてる明らかにヤバい状態になっている時なのが普通ですし。でも今のところそんな話は聞こえてきません。

13億円欲しさに何かを手放すぐらいなら、そんなものツアーでも何でもやって稼げば1年も経たずにすぐ稼げるわけですし、金銭的な目的での売り出しではないとなると、じゃあ気になるのは「離婚が関係しているのかな?」という点。もしかしたらアンバー・ハードと過ごした時間が長かった家だったとか?

まあ現実的に考えるとその線が一番濃厚かもしれませんね。

sponsored link

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz