角田信朗に浮上した薬物疑惑!松本人志との確執に迫る

角田信朗に浮上した薬物疑惑!松本人志との確執に迫る

元格闘家でレフリー、現在はボディビルダーとしても活動している角田信朗さんが、お笑い芸人松本人志さんとの確執騒動で話題になっています。

なんでも、8年前の話しを突然ブログで語り出し、巷では売名行為か、さらに薬物疑惑まで飛び出してきて騒ぎは大きくなってきており、その事について松本人志さんがコメントを出しました。

今回はなぜかスタートした松本人志vs角田信朗に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

松本人志と角田信朗の確執騒動

角田信朗と松本人志の確執問題

はじまりは、角田信朗さんが突然ブログで8年前の出来事で自分が芸能界を干されていると発言したことがきっかけです。

角田信朗さん曰く、当時、松本人志さんから番組で行う、『たたいてかぶってジャンケンポン』の審判のオファーをされており、角田信朗さんもそれを受けていたそうです、しかし、その当時K-1のミスジャッジで処分を受けていた角田信朗さんは周りのスタッフの反対もあり、バラエティー番組への自粛を決定したと。

松本人志さんのオファーを”ドタキャン”してしまった形になる。

その件がきっかけで、その後松本人志さんの番組に呼ばれなくなり『確執』が生まれたことをブログで暴露。

松本人志の言い分

この話しの詳細を松本人志さんはこのように語っている。

8年前に日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」での企画で、レフェリーを角田にオファーしたところ、一度は角田側が了承。衣装などすべて整えていたにも関わらず収録2日前になって角田からドタキャンされたという。角田はブログで「自粛という名目で出演を断った」と主張しているが、松本はドタキャンしたことを「ご本人は分かっていないのかな」と不思議な様子。結局、代役のレフェリーが見つからずに企画は流れたと打ち明けた。

壮大なスケールの企画だったことから、多数の芸人のスケジュールなど影響が出たことに触れ「これが大問題。僕が怒っているとかの問題じゃない。吉本(興業)や日本テレビとの問題で、共演NGとかの小さい話ではない」と力を込めた。

その後、角田に出演依頼を出した件については「何かの手違いで…」とし「この世界のしきたりというか、その人とまた数カ月後に笑いながら番組してたら、ほかの人達からしたら何やねんという話にる」と説明。また、「なぜ8年も経って、僕を名指して話しているのか分からない。8年経ってブログで言うのはルール違反。ルールは誰よりも分かっている人なのに」と最後まで困惑した表情を崩さず、最後は今回の発言でまた角田がブログで反論する可能性にも触れ「それはちょっと(辞めてほしい)…」と訴えた。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/6393416/

この話の要点をまとめてみました。

  • オファーを出した時はOKだったのに、収録2日前の突然のドタキャン
  • 角田信朗のドタキャンのおかげで番組自体が中止になり、関係者のスケジュールが白紙に
  • 角田信朗のせいでポシャった企画の規模が大きかった
  • 松本人志というよりは番組やテレビ局が怒っている

角田信朗さんが一方的に『確執』と言っていることに関して、自分がそれだけの事をしたのだから共演NGという問題ではなくテレビ局も絡んでの問題だということだそうです。

松本人志さんもいきなりのブログでの告発に、困惑している様子でした。

なぜ8年前のことを今更、ブログという手段で暴露したのでしょうか?

それの答えは角田信朗さんの薬物疑惑になるようです…

角田信朗の薬物疑惑

角田信朗薬物疑惑

実は角田信朗さんは過去に薬物関連報道で話題になっています。

ある元格闘家の逮捕で、K-1のレフェリーとして活躍していた角田信朗さんにも疑惑の目が向けられたのだ。

こちらがその時の記事です。

自称元格闘家で配管工、角田智康容疑者(26=横浜市南区六ツ川)の逮捕劇。営利目的で大麻草51本を栽培したなどとして、神奈川県警薬物銃器対策課などは同日、大麻取締法違反(営利目的栽培・所持)容疑で、角田容疑者を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、同日午前8時半頃、自宅2階で大麻草51本を栽培し、2階クローゼット内に紙袋入りの乾燥大麻約10グラム(末端価格6万円相当)を所持した疑い。同課によると、栽培と所持について認めているが、「営利目的ではない」と供述しているという。

ニュース全文を聞いたり読んだりすれば、別人だと理解できるのだが、テレビのニュースは短時間で流れるため、「あの角田が逮捕…」というウワサになってしまったようだ。ネット上では「信朗はリングネームで、本名は智康だったのか…」などといった書き込みもみられた。

当の角田容疑者は元格闘家を自称したようだが、今月、復興した格闘技団体リングス(前田日明代表)が主宰するアマチュア大会「THE OUTSIDER」に出場した経験がある程度。プロとして活動した実績はなく、格闘家を自称するほどでの選手でもない。

そんな選手が逮捕されただけで、K-1角田に飛び火したとあっては、迷惑もはなはだしい。「有名人はつらいよ」ってことか…。

引用:ライブドアニュース

2012年に報道されたこの件に関しては、完全に関係なく、『元格闘家』『角田』というキーワードで角田信朗が逮捕されたのか!?と勝手に勘違いされたようです。

とんだとばっちりですね。

しかし、今回の松本人志さんとの一件で、突拍子もない意味不明な行動から、薬物をやっているのではと一部で話題になり、検索キーワードでも『角田信朗 薬』と検索されているほど。

この噂に関しては全く確証たる証拠も情報もありませんので、デマのようですね。

『角田信朗 薬』という検索キーワードが出ているのは、薬物違反で捕まった人と勘違いされて、その後検索された結果だと思います。

ですから、角田信朗の薬物疑惑に関しては白だと思います。

最近はやりの忙しい人のためのダイエット下着
PICKUP着るだけ2秒でガッチリ体型へ!【スマッチョ】

角田信朗は性格が悪かった!

角田信朗さんは以前から、格闘技界や芸能界から性格が悪いと評判のようですね。

それは、今回の松本人志さんとの確執問題でも明らかになりました。

通常であれば、本人同士で話し合えばいいだけのことなのですが、わざわざ不特定多数が閲覧するブログで暴露したのです。

これに対してネット上でも「直接言えよ!」「なんで今頃?」「仕事がないから、話題づくり?」などの意見がありました。

なんでこのタイミングで、しかも直接本人に話さないんだと。

売名行為と思われても仕方ない行動です。

さらに、格闘技ファンや弟子であった武蔵さんや同門の佐竹雅昭さんからも、

角田といえば、おととし出演したバラエティ番組『気まずい2人が久しぶりに会ってみました』(フジテレビ系)で、25年来の弟子・武蔵と再会。角田の引退試合を最後に、12年にわたり角田を無視し続けてきたという武蔵は、その理由を「めちゃくちゃ面倒くさかった」と吐露。「(トレーニングを)自分からお願いしたことは一度もない」と嫌悪感を露わにし、関係修復には至らなかった。

「同門の佐竹雅昭も、暴露本で角田の“銭ゲバ”ぶりを暴露。『彼のことを好きな後輩は1人もいない』『テレビのイメージと違って人情家でもなんでもない』などと綴っていた。角田の面倒くさい性格は、格闘技ファンの間でも有名。今回のブログに対しても『ナルシストな角田っぽい』との声が上がっている」(同)

引用:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12122-92057/

とのことで、かなりの嫌われ者の烙印を押されている様子です。

角田信朗の確執騒動はプロモーションだった

しかし、角田信朗さんのブログをよくよく見てみると、

春に出版する二冊の本のプロモーションなんかではありませんよ(笑)

引用:http://ameblo.jp/nobuaki-kakuda/page-2.html#main

との文が…

完全にそれですね、今流行の炎上商法だったようです。

しかしここまで炎上してしまうとは本人も思っていなかったでしょう、宣伝にはなりましたが代償は大きかったようです。

松本人志さんはこれ以上ブログで反論するのはやめてほしいと言ってましたが、ブログで反論するでしょうね。

というか、ボディビルダーの松本人志選手とお笑い芸人の角田信朗さんのほうがしっくりくる気がするのだが。

この確執騒動はまだまだ終わりそうにない。

リンク角田信朗オフィシャルブログ「ウェルエイジング日記」Powered by Ameba

sponsored link

角田信朗に浮上した薬物疑惑!松本人志との確執に迫る

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz