プロは除外じゃ!!『亀田興毅に勝ったら1000万』挑戦者決定!!

『亀田興毅に勝ったら1000万』挑戦者決定

インターネットテレビ放送局Abema TVが開局1周年記念番組として5月7日(日)に放映する格闘技イベント『亀田興毅に勝ったら1000万』の調印式・記者会見が行われました。

この番組は元WBA世界ライトフライ級王者・元WBC世界フライ級王者・元WBA世界バンタム級王者・亀田興毅への挑戦者を募集し、1人につき3分3Rずつのボクシングルールで亀田に勝ったら1000万円の賞金が与えられるというもの。

挑戦者は一般人、ヤンキー、ホスト、外国人、オタク、元○○など立場は問わず、我こそは腕に自信ありというなら
誰でも構わないとのことで広く挑戦者を募った。

出来レース疑惑も浮上しているこの戦い、果たしてどうなるのか?

スポンサーリンク

『亀田興毅に勝ったら1000万』挑戦者決定

『亀田興毅に勝ったら1000万』挑戦者決定

1週間の期間で2000人以上の応募があり、その中から選ばれたのは4人。

  • 歌舞伎町ホストクラブの支配人
  • 神風永遠(年齢非公開)現役高校教師
  • 松本諒太、51万人の登録数を誇る人気ユーチューバー・ジョー(25歳)
  • 北関東最大の暴走族の元総長・ユウタ(33歳)

選考基準は「亀田と戦いたいという熱意が最も強い」だとして、実力は選考基準にはなっていないそうです。

ちなみに、「より多くの挑戦者にチャンスを与えるべく4名と戦うことになったため、プロボクサー、プロ格闘家は除外された」とのこと。

前から話題になっていたこの募集ですが、ついに挑戦者が決まったようですね。

気になるのはやはり『プロボクサー、プロ格闘家は除外された』という点ですね。

この戦いですが、『キックボクシング史上最高の天才』『キック界の神童』という異名をもつキックボクサー那須川天心さんが名乗りをあげており、もし実現したらキックボクサーがプロボクサーと戦う異例のマッチングに誰もが期待したでしょう。

しかし、プロボクサーとプロ格闘家は除外という条件が途中から追加され、実質逃げたような展開に、ボクシングファンはガッカリしているようですね。

『亀田興毅に勝ったら1000万』は出来レースか

今回の参加者を見ても、ホストクラブの支配人、YouTuber、元暴走族など、ステマ環境が揃っているというかなんというか…

ホストクラブの支配人やYouTuberは亀田興毅さんと対戦するというだけで宣伝になります。

それだけで別に勝つ必要はないですし、もし勝ったらさらなる宣伝効果になりお店は大繁盛、YouTubeのチャンネルの登録者数は激増というところでしょうか。

このニュースを45秒で解説

『亀田興毅に勝ったら1000万』の企画ですが、ファンは亀田興毅さんが圧勝する試合を見たいでしょうし、アンチはボコボコにされる試合を見たいでしょう。

しかし、今回の参加者を見る限り、『絶対に勝てる素人』しか選考していないようです。
ここまで出来レースだと、八百長疑惑も浮上するレベルの試合な気がします。「もしかしたら、挑戦者が勝てるかも?」という期待があるから見たいと思うのでしょうから、亀田興毅さんが圧勝するとわかっていて誰が見たいと思うのか…

「強い奴は除外じゃ。どんなもんじゃーい」

という声が聞こえて来そうなこの企画。放送日時はこちら

■亀田興毅に勝ったら1000万円 調印式・対戦発表 完全ノーカット放送SP
5月3日(水) 午後9時~11時
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9kdM5pMHmNHtj1■AbemaTV1周年記念企画 亀田興毅に勝ったら1000万円
5月7日(日) 午後6時~11時(生放送)
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/9YCojXFBHRK1F5

sponsored link

『亀田興毅に勝ったら1000万』挑戦者決定

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz