狩野英孝が淫行した女子高生の名前が判明!地下アイドル赤血球の”飛沫真鈴”だった

狩野英孝が淫行した女子高生の名前が判明!地下アイドル赤血球の”飛沫真鈴”だった

フライデーが報じた狩野英孝の現役女子高生との淫行疑惑ですが、17歳の女子高生「Mさん」とされた地下アイドルが

「赤血球」というグループの飛沫真鈴(しぶきまりん)である可能性が高いと騒がれています。

今回はなぜ飛沫真鈴(しぶきまりん)が狩野英孝の相手であるのか、その理由に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

地下アイドル「赤血球」の飛沫真鈴(しぶきまりん)とは

なぜネット上では狩野英孝の交際相手が地下アイドル「赤血球」飛沫真鈴(しぶきまりん)だと特定したのでしょうか。

それはこちらのツイートにもあるように、飛沫真鈴が幾度となく狩野英孝のツイートをRTしていたからだというのです。

そしてお揃いの服を着たりもしていたそうです。

ちなみにこのアカウントは現在削除されており、そのことでさらに怪しまれています。

逆にこのタイミングで削除したということは交際を認めたことにもなりかねます。

さらに、1月18日に開催された下記のイベントに出演予定でしたが、サイトから名前が削除されているのです。

つい先日までピンで活動していたということでしょうか!?

しかし、下記のイベントは都合により欠席したそうです。ますます怪しいですね。

以上のことから

  • 17歳の女子高生 Mさん=真鈴(まりん)
  • 地下アイドル=赤血球

と、ほぼ確定したということなのです。

QandAまとめ

地下アイドルとして活動し、ここまでの活動履歴があるようだと狩野さんの主張である、「未成年だとは思わなかった」は通用しないような気もしますね。

一般人なら年齢を嘘を付いていたらわからないかもしれませんが、地下アイドルとして活動している以上プロフィールなどからいくらでも年齢を知る手段はあるわけですから、さらに狩野さんが自分が付き合ってる相手は地下アイドルの飛沫真鈴さんということを認識していたとしたら言い逃れは不可能でしょう。

sponsored link

狩野英孝が淫行した女子高生の名前が判明!地下アイドル赤血球の”飛沫真鈴”だった

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz