小室圭の家柄、実家は大地主の超金持ち!!

小室圭の家柄、実家は大地主の超金持ち!!本当の狙いは権力や名声だった!?

宮内庁いわく、小室圭さんは本当にごく普通の一般人だといい、秋篠宮ご夫妻も小室圭さんの人柄を認めているそうですが、一般人として今後生活していくことに多少心配もしているそうです。

なぜ心配しているのかと言うと、やはり小室圭さんが『本当の一般人』だからでしょう。

いままでの内親王の嫁ぎ先の家柄とはまったく違いますからね。

秋篠宮ご夫妻を心配させるほどの相手と結婚?それって本当に大丈夫なんでしょうか?

まさか、秋篠宮ご夫妻が結婚を断れない理由があるのでは?

さらに小室圭さんの自殺した父親 小室敏勝さんについても恐ろしい新事実が判明…

スポンサーリンク

内親王の結婚相手では初のフリーター

いままでの内親王の結婚相手は一般人とは言え旧華族など名家と呼ばれる家柄の男性ばかりでした。

最近で言えば、高円宮憲仁親王の次女 高円宮典子さまが2014年10月に島根県出雲大社の権宮司である千家国麿さんと結婚しております。

三笠宮寛仁親王の長女 三笠宮寧子さまは近衛家当主であり日本赤十字社社長の近衛忠煇さんと結婚、次女の三笠宮容子さまは茶道裏千家淡交会副理事長・国際茶道文化協会会長など茶道関連の法人の要職に就いている千宗室さんと結婚するなど社会的にも高い地位にある方々と結婚しております。

しかし、眞子さまが婚約を発表した小室圭さんは、ICU(国際基督教大学)の同級生、法律事務所で弁護士業務をサポートするアルバイトです。

世間ではパラリーガルなどとかっこよく呼ばれていますが、実際は弁護士事務所の事務員のアルバイトですからね。

母子家庭で学生時代にはフランス料理店でアルバイトをして学費を稼いで母親を助けていたなど良いエピソードもありますが、小室圭さんが通っていたICUの学費は年間140万円と、日本の私学の中でもトップクラスの学費の高さです。

しかし、返済不要の奨学金で年間100万円までは補助してくれるそうで、小室圭さんはICUの交換留学の制度によって海外へも留学していた経験もあるので、奨学金の審査は楽々突破したでしょう。

母子家庭で生活が苦しいだろうけどよく頑張った…と言いたいところですが、そうでもないようです。

その謎は小室圭さんの自殺した父親 小室敏勝さんにありました。

小室圭の父親の自殺、祖父も自殺←!?

小室圭さんの父親の自殺、祖父も自殺←!?

まずは小室圭さんの父親 小室敏勝さんについて紹介していきたいと思います。

小室敏勝さんは明治大学卒業後、1988年に横浜市役所に入庁。

主に建築課の技官として勤務し、『横浜みなとみらい21』の設計にも携わっている建築のスペシャリストでした。

しかし、その後体調を崩してしまい、役所を休みがちになってしまいました。

そして2002年3月に自宅近くの河川敷で首を吊って自殺しています。38歳の若さでした。

その1週間後、小室敏勝さんの父親であり、小室圭さんの祖父もショックで自殺しております。

息子の自殺の悲しみを乗り越えて~というのはよくある話しですが、自殺したショックで自分も自殺ってあまり無いと思うのですが…

そんな小室圭さんの父方に、さらなる新事実が判明。

小室圭の父親は地元の大地主だった

それは藤沢市にある小室敏勝さんの実家は地元の大地主だそうで、小室家は大豪邸だったようです。

他にも、親族全体でいくつもアパートや駐車場を所有していたそうです。

そんな金持ちが自殺!?

普通なら他殺を疑ってしまうでしょうね。

小室圭さんの父親と祖父が亡くなれば遺産は祖母の物となるでしょうが、祖母は病死しており、結果的に遺産は息子である小室圭さんに入ってくるわけです。

さらに小室圭さんの母親 小室佳代さんは内縁の夫と同居

遺産額も膨大だったでしょうが、お金持ちって余計な保険も色々と入っているものです。

ということは、当然生命保険にも加入していたことでしょう。

勘の良い読者の皆様はお分かりだと思いますが、これは遺産目的、保険金目的の他殺の可能性があるということです。

まず、技官として順調に働いていた父親が自殺する時点でおかしいです。

男性の自殺が多い年齢は50代後半が多く、理由は老後の不安や定年での無気力感が多いから、小室敏勝さんは当時38歳、仕事も順調にこなし、息子である小室圭さんには3歳から小学校高学年までバイオリン教室に通わせるなど、家庭内も順風満帆だったでしょう。

それがなぜ自殺?1週間後に祖父も自殺!?地元の大地主!?

いくらなんでも怪しすぎるでしょう。

その後、小室圭さんはインターナショナルスクールに進学、学費は年間250万円あまり、大学も私立のICUで学費は年間140万と普通の母子家庭では到底無理だったでしょう。

さらに週刊現代 2017年6月10日号には、

皇太子妃と違って、内親王のお婿様候補が徹底的に事前調査されることはない。秋篠宮夫妻が報道で初めて知って驚く事実もあるだろう。

引用:週刊現代 2017年6月10日号

という見出しもあり、これからも続々小室圭さんの素性が明かされる可能性があることを示唆しています。

小室圭の今後の進路は

小室圭さんは大学院卒業後の進路について、「今後色々と考えをめぐらせていきたいと思います。」と回答しており、英語が堪能ということで、将来は米国に行き国際弁護士資格を取得したいという希望もあるそうです。

もしかしたら将来は眞子さまと海外に移住する可能性もあるかもしれませんね。

皇室的には、眞子さまとともに海外に住まいを持つことは自体は問題がないそうですが、肝心なのは警護、セキュリティーの問題です。

もし眞子さまが海外で事件や事故に巻き込まれた場合、いくら皇室を抜けたからと言っても国際問題に発展することは必須です。

それを誰が支援するのか、日本がしなければいけないのか、一般人となった眞子さまに税金を投入して警護しなければならないのか。

父親である秋篠宮さまは、自らが総裁を務めておられる山階鳥類研究所に眞子さまの籍を置き、研究員を補助する形で援助していこうという考えもあるそうです。

しかし、いくら秋篠宮さまが小室圭さんと結婚をお許しになったとはいえ、旧皇族や旧華族の間では不安の声があがっているようです。

いや、お許しになったと言うより、許さなければならない理由があったのかもしれませんね。

いままでの皇室の結婚相手の男性にエリートしかいないのは、エリートとしか結婚を許していなかったからでしょう。

それがここにきて、なぜ母子家庭のフリーターとの結婚を許したのでしょうか?

眞子さまが小室圭さんに何か弱みを握られている?

でなければここまでトントン拍子に、トントン拍子どころか秋以降の予定だったのが夏と早まったのも、何かの力が働いて急がされたという気がしてなりません。

まだまだ謎は多いようです。

このニュースを45秒で解説

ここまでで私は一つ疑問に思っていることがあります。

小室圭さんの最初の就職先として、学生の就職希望先人気ランキングでトップ3に入る三菱東京UFJ銀行に入社しております。

さらに、三菱東京UFJ銀行の中でもエリートコースである丸の内支店に配属されており、希望すれば海外でも働けたそうですが、なぜそれを蹴ってまで弁護士になりたいのか?

場合によっては旧華族の親睦団体である『霞会館』が就職先を世話する事もできるそうです。

いくら夢だからと言っても、現在の国際情勢を考えると米国で眞子さまと2人で生活するのは難しいのは、25歳の小室圭さんにもわかると思うのですが。

それなのに、わざわざ米国移住してまで国際弁護士になる必要はないでしょう。

私の予想ですが、奥さんが日本の元皇族の国際弁護士、恐ろしいほどの肩書、そして凄まじい権力を発揮するはずです。

もしかしたら、権力や名声の憧れから米国で国際弁護士になろうとしているではないでしょうか。

その証拠に藤沢市観光課で『海の王子』として働いていた時の将来の夢に『外交に携わる』と書いており、外交に携わる手段として眞子さまと結婚し米国で国際弁護士になることを選んだのかもしれません。

海の王子時代

最近では小室圭さんの元彼女や学生時代の同級生などもテレビに登場し、学生時代のチャラ男だった過去まで暴露されております。

小室圭、チャラ男

さらに、父親の自殺報道が出てからというもの小室圭さんには同情の声が相次ぎ、「父親の自殺は関係ない」「幸せならなんでもいい」「自殺した父親は関係ない」という声があがっておりますが、一般人ならいざ知らず、日本の象徴でもある皇室の結婚の相手の話しですからね。

結婚相手の父親が原因不明の自殺、祖父も自殺をしている報道があるにもかかわらず、手放しで祝福するほうがどうかしていると思うのですが。

私には小室家という一族が、何も知らないお嬢様である眞子さまを利用したサクセスストーリーのようにも見えます。

恋は盲目といいますから、眞子さまには少し冷静になって考えてもらいたいものですね。

この説を応援してくださる方は↓からTwitterやフェイスブックなどで拡散してくださると助かります。

sponsored link

小室圭の家柄、実家は大地主の超金持ち!!本当の狙いは権力や名声だった!?

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い

この結婚には絶対反対 純粋無垢で世間知らずの眞子様は利用されている
いくら 結婚は両性の合意で行うと法律で規定されていても
天皇の孫が誰とでも婚姻していいはずは有りません
宮内庁にも責任がある 今まで 国税で生活されていた型が
国民とあまりにもかい離した型と結婚するのは支持されません
正式に婚約する前に辞めるべきです 小室の親も息子に
けしかけているように思える これはゆゆしき事態で有り国民の支持は得られない
黒田清子様の場合と明らかに異なる 黒田氏は秋篠宮と学習院での同窓生で有り秋篠宮が清子内親王に引き合わせて婚姻に至っている 小室のように定職もないのに求婚したり
英国の留学先にまで頻繁に電話をするなんで異常としか言いようがない 野心があるとしかおもえない恐ろしいことです

うわー!クワバラ、クワバラ!KKと彼の家族はは絶対にお金が目当てや、どっかの国の民族のように金金金亡者。KKもOwdと変わらんな。断固反対です、この婚約に。眞子様にはお幸せになって頂きたいから、絶対に阻止!

小室さんはフリーターではなかったですね。ご婚約会見で正規の社員だと言っていましたから…噂ってのはアテになりませんね。

wpDiscuz