桑田真澄の息子 Mattに整形疑惑が浮上!

桑田真澄の息子 Mattに整形疑惑が浮上!

元プロ野球巨人のエース・桑田真澄氏(48)の息子(次男)で桜美林大4年のMatt(22)が、1月12日に放送された「櫻井・有吉THE夜会」にテレビ初出演して以降、話題になっている。

この日番組では、名前を伏せた状態でクイズが始まり、「似てると言われることは絶対にない」「ある有名な方の息子さん。」

「父親は巨人のスター選手」などのヒントから桑田氏の次男であることが明かされた。

スポンサーリンク

息子Mattの姿に、桑田氏の現役時代を知るファンからは「びっくり~」「えっ!?似てない」「嫁似なのか?」などの声が上がり、驚いた人が多かった。

Mattにハーフの雰囲気があることからネット上では、桑田氏の嫁に注目が集まったが、嫁の真紀さんはというと、れっきとした日本人(写真あり)。ハーフでも何でもない。

すると今度は、Mattの過去の写真が拡散され、現在の顔と比較されるとともに整形疑惑が浮上。両親どちらにも似ていないことが現在、話題になっている。

桑田真澄と嫁

桑田真澄氏の息子(次男)Mattが父親に似ていないことから母親に注目された。

母親の真紀さん(写真あり)は元CAの一般人で1991年の12月に桑田氏と結婚。

出会ったのは87年ごろで、もともとは、年に二度くらいしか会わなかったという。

桑田氏は、「いろいろな女性と付き合ってきたが、最後に支えになってくれたのが、彼女だった。ずっと応援してくれて、待っていてくれた女性だった。」と、当時のことを振り返る。

当時の桑田氏は不動産投資に失敗して約20億円とも言われる借金を抱えていたころで、自宅も財産も全部なくして、人間不信に陥っていたという。

真紀さんとはその上での結婚だった。もちろん借金のことも何もかも話したそうだ。

そして、桑田氏と真紀さんのあいだに2人の息子が誕生。長男は、BCリーグ・滋賀ユナイテッド所属の桑田真樹外野手(24)。

次男・Mattは本名が桑田将司(まさし)。芸名は出生時の名前「真登(まさと)」が由来。

その後、呼吸困難になったため、改名したのだという。

現在は、ブライダルモデルを務めながら桜美林大学芸術文化学群で音楽を専攻する4年生だ。

桑田真澄の息子 Mattに整形疑惑

桑田真澄の息子・Mattに整形疑惑が浮上している。

Mattは髪の毛を金髪に染め、カラーコンタクトを着用。細身でハーフの雰囲気がある。

一見すると、外国人ミュージシャンやチャングンソク、ダギリジョーっぽく見えて、両親と似ているとは全然言えない。

メイクのせいか、過去の写真と比較すると、目と鼻のあたりがやや違って見える。しかも目の下の隈が目だってしょうがない。

このことから、整形疑惑が浮上しているのだと思うが、真相は闇の中だ。

Mattは現在、芸能関係ではサックス、ピアノ、バイオリン、ドラム、歌など、音楽方面をいろいろしているらしいが、父親が野球選手だっただけに小学校の頃は野球をやっていたのだという。

しかし、本当はあんまり好きじゃなかったというMatt。音楽を始めたのは小学校低学年。父親が巨人時代、右肘手術のリハビリでピアノを習う様子を見て興味を持ったのがきっかけだとか。

結局、中学入学とともに音楽の道を選択したが、桑田氏いわく「お前の足があれば、いい選手になっただろうに…」と惜しんだそうだ。

はたしてMattは、この先も注目され続けるのか。

今後の音楽活動に期待される。

sponsored link

桑田真澄の息子 Mattに整形疑惑が浮上!

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz