これを読めばわかる!成宮寛貴の”薬物”事件のすべて!ゲイをカミングアウトしたフライデーの全容

これを読めばわかる!成宮寛貴の薬物事件のすべて!ゲイをカミングアウトしたフライデーの全容

2016年12月9日、俳優の成宮寛貴さんが突然の引退を発表し話題になりました。

その引退の原因は成宮さん自身のフライデーによる薬物疑惑でした、友人A氏による薬物使用の告発にたいへんショックを受けた成宮さん。

フライデーによる報道のすぐ後、成宮さんの所属事務所『トップコート』はフライデーの報道を全面否定し、法的措置を取ることも発表、しかし成宮さんは引退をしてしまいました。

やっていないならなぜ引退する必要があったのか?

今回はそんな成宮さんのフライデーによる報道、友人A氏とは一体何者なのか、成宮さんのその後に迫っていきたいと思います。

【フライデー第一弾】友人A氏による成宮寛貴”薬物吸引”の告発

今回のフライデーによる報道の発端は、成宮寛貴さんの友人のAと名乗る人物からの情報提供からだったようです。

この友人A氏は成宮さんと古くからの友人のようで、フライデーは見開き2ページを使って、成宮さんが自宅で薬物を吸引している写真を掲載しました。

その写真には、テーブルの上に缶ビールが5本、灰皿やティッシュやライター、スマホなどが写っており、その一番の注目すべき点は、グラスの奥に置かれたシートのようるなものの上に白い粉が広げられているものでした。

もう一枚の写真は、先程のシートを両手で持ち上げようとしている成宮さんの写真でした、しかし、この写真だけではシートの白い粉は何なのかは判明せず、ネットでも「お菓子を作っている所だ」「ねるねるねるねのケースに似てる」など様々な憶測が飛び交いました。

さらにフライデーには、記者が成宮さんに直撃取材をした写真が掲載されており、記者に突きつけられた写真をマジマジと確認する成宮さんの姿が掲載されていました。

しかし、この流れではプライベートを盗撮されショックを受けたと言い逃れができそうな気もしますが、成宮さんが引退を決心するほどの”何か”がそこにはあったという事になります。

スポンサーリンク

成宮寛貴の薬物吸引疑惑の詳細

フライデーがその写真を入手したのは2016年11月下旬ごろでした、その写真が撮影されたのは11月9日午前3時30分だったといいます。

場所は都内にある成宮さんのマンション、その日、成宮さんは深夜に二人の友人を自宅に招き、お酒を一緒に飲み始めたといいます。
お酒も進み、盛り上がってきた時に成宮さんは薬物を吸引し出したとフライデーでは報じています。

部屋では音楽を大音量で流し、まるでクラブのようだったと話し、成宮さんは様々な薬物にも手を染めたと報じられていました。

「まずはクサ(大麻)。ヒロキは空き缶を横に倒してベコッと窪みを作り、細いキリのようなもので穴を空け始めました。そして穴の上に大麻を乗せて火をつけ、缶の中に充満した煙を飲み口から吸い出したんです。慣れている感じでしたね。(中略)クサと一緒に使用していたのが、『ケタミン』でした。ヒロキは『この二つを一緒にヤると効くんだよ』と言っていました」
(引用元:フライデー 2016年12月16日号)

この凹んだ空き缶は、フライデーの写真にも写っており、友人A氏の証言と一致します。
『ケタミン』とは強い幻覚作用があるとして、日本で2007年から厚生労働省の指定薬物とされています。
この写真を見た薬物の更生施設の関係者の証言も掲載されています。

「かなり使い慣れてますね。机の上に置かれている潰れた空き缶は、大麻を吸うために自作した道具でしょう。パケに突っ込まれたスプーンも、”プロ”仕様。普通のティースプーンだと大きすぎて計量するのが難しいんです。このサイズが一番コカインをすくいやすい」
(引用元:フライデー 2016年12月16日号)

さらに、フライデーは成宮さんの薬物使用を決定付ける肉声データも入手していると発表。
その内容は成宮さんが「美味しかった、美味しかった」と言っているそうで、その肉声データは現在も公表されておりません。

この様な証言もあり、最初こそは薬物疑惑を否定した成宮さんでしたが、その後引退へ。

友人A氏がカミングアウト成宮寛貴はゲイだった

このような写真を入手できる”友人A氏”とは一体どんな人物なのか、なぜ友人である成宮さんを告発したのか、その理由を友人A氏はこのように語っています。

「ヒロキといると、すぐ『クスリを買ってきて』と言われる。それが心底イヤだった。そのうえ、彼は僕が恋人であるかのようなウワサを共通の友人に流したんです。そんな根も葉もないことまで言いふらされ、自分の仕事にも影響が出てきて、もう我慢できなくなった。関係を断ち切るために告発に踏み切ったんです」
(引用元:フライデー 2016年12月16日号)

この証言からも分かる通り、成宮さんが友人A氏を恋人として接していることがわかります。

さらに、別の友人の証言では、成宮さんは西麻布や六本木のクラブ界隈では有名な素行の悪いゲイだったといいます、クラブでは人目につかないVIPルームに通され「薬物が欲しい」と頼むそうです。

足が付くのを警戒して直接売人とはやり取りしないとも言っています、購入する量はいつも0.4gから0.8gだったそうで、重度の中毒者だったといいます。

成宮寛貴と所属事務所は全面否定

これらの写真を入手したフライデーは成宮さんの直撃取材を決行、その直撃取材を受けて成宮さんは薬物だけでなく大麻やケタミンの使用について全面否定をし、撮影された場所も自宅では無いことを明かしていました。

成宮さんの所属事務所の『トップコート』はフライデーの記事は事実無根であるとし、発行元である講談社に対して法的措置を取る構えも表明し、成宮さんの直筆でこのようなFAXも送っていました。

「事実無根の記事に対して非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」

ここまで否定しておきながらなぜ引退?と思ってしまいますね。

引退したということは何かやましいことがあったのではと勘ぐってしまいますが、フライデーの報道はまだまだ続きます。

【フライデー第二弾】フライデーによる成宮寛貴の薬物使用を裏付ける肉声データ公開

さらにフライデーの報道は続きます。

自身の薬物報道を真っ向から否定し、所属事務所の『トップコート』は法的措置を取る構えに対しフライデーは、「さらなる証拠を持っている」と一歩も引き下がらない姿勢を見せた。

そのフライデーの”さらなる証拠”とは、先程でも出てきた『肉声データ』である。

フライデーはこの肉声データを文字に書き起こして掲載した、実際にその内容を見ると、薬物疑惑がさらに強まる内容となっている。

実際にその一部をご覧ください。

フライデーによる肉声データ

この会話は2016年11月9日の深夜に電話で交わされた内容だという。

友人A氏

「ヒロキ、今日のどうだった?」

成宮寛貴

「良かったよ~。美味しかったぁ、美味しかったぁ」

友人A氏

「どうする?もう1個、欲しい?」

成宮寛貴

「チャーリー?そうね…とりあえず…持ってきて」

2016年11月14日午前1時40分ごろ
西麻布のクラブで遊んでいた成宮さんが友人A氏に電話をかけた時の肉声データの内容

友人A氏

「なにが欲しいの?」

成宮寛貴

「チャーリー」

友人A氏

「…。1個?」

成宮寛貴

「2個、2個、2個。えっと…1万4000円?」

友人A氏

「ちゃんと立て替えてくれる?」

成宮寛貴

「もちろん、もちろん。いま欲しいの。いまから、Can you come to…西麻布?」

友人A氏

「うん…」

こちらがフライデーの第二弾の内容です。

成宮さんと友人A氏による生々しい会話が交わされていました。

この肉声データの『チャーリー』とは、コカインを指す隠語として使用されており、詳しい個数や金額などかなり突っ込んだ内容になっております。

さらに友人A氏は成宮さんとの連絡方法についても語っていました。

成宮寛貴と友人A氏はFacebookで連絡を取り合っていた

成宮さんと友人A氏はSNSであるFacebookで連絡を取り合っていたと明かし、成宮さんは自身のプライベート用アカウントを使用して友人A氏と連絡を取り合っていたようです。

フライデーが友人A氏からそのFacebookでのやり取りを見せてもらうと、成宮さんが自宅の住所を書き込んでおり、実際にその住所で張り込みをしていると、成宮さん本人が出て来るのを確認できたという。

このことから友人A氏の証言は信憑性はかなり高く、成宮さんの薬物疑惑が真実味を帯びてくる。

成宮寛貴は薬物検査を受けていた

成宮寛貴薬物疑惑の第一弾後にフライデーは成宮さんの所属事務所である『トップコート』に取材を申し込んでいた。

しかし、事務所からは

「(公式コメント的には)何も答えられないということで社内で意見がまとまっている。ただ、どのような記事が掲載されるのか、ネタの内容が知りたいと思ってるんですよ。」

との返答が来たという。

フライデーが再度取材を申し込むと

「何もお答えできません」

という返答が来たという。

さらに、その3時間後、再び所属事務所から連絡があり

「成宮本人とは、何度も話し合いを重ねています。尿による薬物検査も実施しましたが、12月7日付で陰性の結果を得ました」

と、成宮さんが尿検査による薬物検査を受けていた事が判明したのだ。

しかし、発言が二転三転しているあたり、所属事務所も対応に戸惑っているように思える、この薬物検査が事実ならば、所属事務所はフライデーに対してすぐに法的措置を取ると思うのだが、文章のみでアクションを起こす気配はない。

そしてフライデーによる成宮寛貴薬物疑惑第三弾を迎えてしまう。

【フライデー第三弾】成宮寛貴がゲイである証拠写真

これまでは成宮さんの薬物疑惑について、追求してきたフライデーですが、第三弾では、成宮さんのセクシャリティな部分について触れています。

この告発が成宮さんを引退に追い込んだような気もします。
実際に、引退の声明にも”セクシャリティな部分もクローズアップされてしまい”と語っており、これが引退を決定づける要因となったのはと思う。

フライデーによる成宮さんの写真は3枚掲載されており、順番に解説していきます。

証拠写真1枚目

2016年11月下旬、成宮さんが自宅マンション近くのコンビニから出てきた所の写真、黒のキャップにジャンパー、縦縞の短パン姿。

買い物袋はもっておらず、小さいチャック付きの小物入れをもっている写真です。

証拠写真2枚目

成宮さんが未成年の時に新宿二丁目のバーで撮影された写真です。

タバコを吸っているスーツ姿の男性と、成宮さんと腕組みをしながらカラオケを歌っている女性の姿の写真です。

証拠写真3枚目

こちらも3ショット、左に成宮さん、真ん中にバーの店員、右にはヒョウ柄の帽子をかぶっている客の写真です。

以上の写真から成宮さんが新宿二丁目でゲイとして働いていた事が決定づけられました。

これが成宮さんが一番触れてほしくなかった”セクシャリティな部分”でした。

友人A氏が明かす成宮寛貴の薬漬けの日々

友人A氏と成宮さんの出会いは六本木のクラブだったそうです、最初にクラブで会った時、成宮さんは男性デザイナーと女性モデルを連れて遊んでおり、その時は軽く挨拶を交わした程度だったという。

その4年後、友人A氏は再び六本木のクラブで遊んでいた所「紹介したい有名人がいる」と言われ、成宮さんを紹介されたといいます。

成宮さんはクラブの奥にあるVIPルームで飲んでおり、「あの時の!まぁ一緒に飲もうよ」と言ってきたそうです。

その当時の事を友人A氏はこのように語っています。

友人A氏

「僕がヒロキの横に座った時にはすでにコカインのパケが置かれていて、彼は中に入った粉を器用に鍵で掬って鼻から吸っていた。(中略)フロアとVIPルームは1枚のカーテンでしか遮られていないのに、よくこんなリスキーなことをするなと思いました」

フライデーによると、成宮さんは六本木や西麻布のクラブで常習的に薬物を使用していたとのこと。

友人A氏

「ヒロキはクラブに行くと、4~5時間過ごします。最初はVIPルームでシャンパンなどを飲んでいるんですが、1時間もすると欲しくなっちゃったと言い出して、近くにいる人間にコカインのパケを買いに行かせるんです。彼は鍵の溝に乗せて吸う他にも、親指と人差し指の根本にコカインを乗せてやっていた。人目を忍んでトイレで吸うこともありましたが、店のスタッフは彼の薬物使用を知ったうえで黙認しているようでした」

成宮さんはクラブで薬物を楽しんだあとは、マネージャーのような人物に電話し、迎えに来たミニバンで帰っていたそうです。

成宮寛貴の引退

成宮さんは一連の騒動を受け、引退を発表しました。

潔白ならば所属事務所と共に週刊誌と戦うべきだとは思いますが、こちらがその引退FAXの全文です。

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。

心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。

今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。

今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。

今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上迷惑を掛ける訳にはいかない。

少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様本当にありがとうございました。

応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8 成宮寛貴

友人A氏の裏切り、さらにゲイである事の暴露など成宮さんが受けた精神的ダメージは計り知れないものがあったと思います。

最近ではテレビでもマツコ・デラックスさんやIKKOさん、KABAちゃんなどオネエタレントが大ブレイクしており、逆に追い風になるのではないかと思うのですが、まぁキャラが違うと言われればそれまでですが、イケメンのオネエキャラって今までいませんよね。

イケメンのオネエキャラの先駆者となれるチャンスだったような気もします。

本人が絶対隠しておきたかった部分でしょうから、それをオープンにしてテレビに出るという決断はできなかったようです。

成宮寛貴の現在

成宮さんは引退を発表してからは、海外の方に行っているようです。

しかし、詳しい場所はわかっておらず、一説によるとシンガポール経由で東南アジアに向かったとも言われています。

成宮さんの友人はタイやシンガポールに親しい友人がいると話していた事があり、その友人の元へ身を寄せているのではないでしょうか。

タイは同性愛に対して寛大な国で、性別適合手術などでもタイに行って手術を受けるのが一般的のようです。

そして気になる帰国時期ですが、2016年の12月8日から海外に渡航してるとすれば、2017年3月7日ごろまでは海外に滞在できることになります。

しかし、薬物で有罪判決を受けた有名人は逮捕前にことごとく海外に渡航しており、いわゆる”薬抜き”という事をやっています。

今回の成宮さんの行動も海外に行って薬を抜いてるのでは?と怪しまれても仕方がない行動をしているわけです。

QandAまとめ

以上が成宮さんの薬物疑惑の全容になります。

薬物をやっていたことは確定ではありませんが、薬物疑惑を報道されて海外へ渡航する流れは様々な芸能人がやっており、今回の成宮さんも例外ではありません。

薬物は一度使用してしまうと絶つのが困難になってしまい、人生を完全に狂わせてしまうものです。

あの元プロ野球選手の清原和博さんでさえ、薬物を前に出されるとネコのようにおとなしくなってしまうそうですから、依存症にならないと自身がある人ほど依存してしまうそうです。

今回の件でさらに薬物の恐ろしさが世間に広まり、薬物の抑止力になればいいと思います。

sponsored link

これを読めばわかる!成宮寛貴の薬物事件のすべて!ゲイをカミングアウトしたフライデーの全容

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz