西川史子先生の病気 激やせの本当の理由

タレントであり美人女医として知られるの西川史子さんが激やせしたことでネットでは心配の声が上がっております。

バラエティ番組に出演する機会が多い彼女ですが、番組では「傲慢」「高飛車」「毒舌」という三拍子揃ったキャラクターで世間からの支持を得ています。

現在でも女医とタレントの活動を並行して行っている西川さんですが、ここに来て彼女の体調を心配する声が殺到しています。

西川史子先生のプロフィール

%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e5%8f%b2%e5%ad%902

名前:西川史子(にしかわ あやこ)
出身地:神奈川県相模原市南区
生年月日:1971年4月5日
身長:160cm
体重:非公表
スリーサイズ:76-58-85cm
最終学歴:聖マリアンナ医科大学
事務所:ホリプロ

日本医科大学出身の整形外科医である父・西川秀樹さんの元に生まれ、幼い頃から厳しく育てられたという西川史子さん。
父から厳しいしつけを受ける一方、母からは溺愛されて育ったと言われています。

桐蔭学園高等学校を卒業後、聖マリアンナ医科大学に進学。在学中に「ミス日本」コンテストに出場し、フォトジェニック賞を受賞。

また、同年には日本テレビ「恋のから騒ぎ」に3期生の1人として出演し話題に

恋のから騒ぎで人気となった彼女ですが、当時は「傲慢」・「高飛車キャラ」で知られ、その後の彼女のキャラクターの元にもなりました。

当初はセント・フォース所属のタレントとして活動するも、後にホリプロに移籍。芸能活動の傍ら、聖マリアンナ医科大学整形外科、青山メディカルクリニック、西川整形外科医院を経て、松倉クリニック及び西川整形外科美容皮膚科スタッフとしても活動しています。

プライベートでは、2009年7月に福祉関係会社役員の福本亜細亜さんと婚約。翌年2月に結婚するも、後に夫が家出中であることを番組で公表。夫婦喧嘩が元だったと語られていましたが、結局、2014年1月に協議離婚が成立し、現在は再び独身に

スポンサーリンク

西川史子が激やせ!理由はがん?過去には病気で入院も

2016年9月28日放送の「ノンストップ!」に出演した西川先生ですが、その際の激やせぶりに視聴者は騒然となりました。

その時の西川史子先生の画像がコチラ

西川史子 西川史子

上記の画像を見て頂ければわかるとおり、西川史子先生とは思えないほど激やせしています。

確かに、これほどやつれてしまっては病気を疑う声が上がるのも納得できます。

西川先生の激やせぶりを目の当たりにしたユーザーの間では「ガンではないか?」との声が相次いでいます。

そこで、西川史子先生の病気について調べてみたものの、ガンに罹患しているとの情報は一切確認できませんでした。

あまりにも病的な痩せ方をしているため、単なる体調不良やダイエットではないことは確かでしょう。

しかし、西川史子先生本人が激やせ理由を公表してないため、真相は分かりません。

ただ、彼女の病気について調査したところ、過去に入院していた事実が判明したのです。

西川史子先生が入院したのは2016年5月24日のこと。

彼女を襲った病気は「急性胃腸炎」でした。

その時の西川史子先生の様子は

急性胃腸炎のため入院していた医師でタレントの西川史子(45)が5日、
TBS「サンデー・ジャポン」の生放送で芸能復帰した。

24日から入院していた西川は

「ご心配をおかけしました。

もう大丈夫です」

と笑顔を見せた。

だが入院の影響で頬はこけ、
全体的にほっそりとしていた。

(中略)

また堀江貴文氏らからのLINEも“既読スルー”したほどの痛みだったことも告白。

「痛くて、
痛くて、
手が震えて…

(スマートフォンが)
押せなかったんです。

誰にも返せずすみませんでした」

と謝罪した。

急性胃腸炎の次は、更年期障害を告白

%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e5%8f%b2%e5%ad%904

急性胃腸炎で体調を崩していた西川史子先生ですが、今度は更年期障害を発症したそうです。

更年期障害ですが、女性の身体は妊娠ができなくなる閉経というものがあります。
そのタイミングで体内のホルモンバランスが変ります。
西川史子先生のように女性がかかることが多いですが、男性もかかりますので気をぬかないように。

女性の場合はエストロゲンという卵胞ホルモン
男性の場合はテストステロンという男性ホルモンの減少によって起こります。

更年期症状とは?

自立神経失調症のような症状、動悸、ほてり、のぼせ、頭痛、耳鳴り、肩こり、不眠など
体調不良と精神症状として情緒不安定やイライラ、抑うつなどの症状がでます。

で、冒頭の話を見てみると西川史子先生はTV番組で「物忘れがひどい」「イライラする」など更年期の症状を訴えておられました。

西川史子先生は自らの顔の「ほうれい線」を消すためヒアルロン酸を注入したと言い、「こういうのにお世話にならないといけない歳なんだな」と語っており。専門家によれば、ほうれい線自体は単なる老化現象だが、老化を受け入れられずに悩む「エイジングストレス」こそが更年期障害の症状なのだとか。

美容に関して人一倍、気にしている西川史子先生だからなってしまうのでしょうね。

本当にガンじゃない?

%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e5%8f%b2%e5%ad%905

前回の入院時に胃カメラでガンの検査をしたそうです。
その後のインタビューでこう答えています。

インターネットを中心に、一部で「激ヤセ」と心配の声が上がっている西川。報道陣から 体調面を心配されると「人に言われたので、早速病院に行ったんです。胃カメラまでやって全部大丈夫でした」とキッパリ。

「西川、ガンじゃないか説をネットで見て、自分でも心配になったんですけど、全部大丈夫でした」と健康であることを強調。「ダイエットもしてない。この歳になっていきなりしない。歳を取りゃ、食も細くなりますよ」と話していた。

しかし、膵臓や肝臓は胃カメラでも見えないと指摘する声もあり、さらに芸能人はガンなど重い病気を公表しないケースもあるので、
ガンの疑いを吹き飛ばすには以前のような美しい姿に戻るしかないようです。

sponsored link

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz