NON STYLE 井上裕介さんが当て逃げ、飲酒運転の噂

お笑いコンビNON STYLEの井上裕介さんが年末のこの時期に不祥事を起こしてしまいました。
なんと車で走行中に、タクシーに当て逃げをしてしまっというのです。
井上裕介さんは現場から逃走しており、防犯カメラ等の映像から井上裕介さんを特定したそうです。
今回は井上裕介の不祥事について見てみましょう。

井上裕介さん事故の概要

NON STYLEの井上裕介が当て逃げをしたのは2016年11日23時45分ごろ。

東京都世田谷区で走行中のタクシーに衝突しそのまま走り去りました。

警視庁がナンバーなどから車を特定し12日の午前2時に任意同行をもとめた所、事故を起こして走り去ったことを認めました。

走り去った理由としては

「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」

とのこと。
現在のところ井上裕介さんの容疑は過失運転傷害や道交法の救護義務違反。

なお、幸いな事に相手の40代のタクシー運転手は首や腰に二週間ほどの軽いけがをした程度とのことで大事には至ってないようです。

スポンサーリンク

なぜ事故現場から逃げたのか

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e8%a3%95%e4%bb%8b%e5%bd%93%e3%81%a6%e9%80%83%e3%81%92

通常なら事故を起こしてしまった場合は救護義務というものが発生し、消防や警察に通報し被害者の救護をしなければなりません。

しかし今回、井上裕介さんは逃げてしまいました。

この原因を探っていた所、事故の前に飲酒していたのでは?という噂がファンの間では流れているようです。

飲酒で当て逃げという事になったら危険運転罪が加わり、実刑になる可能性もあります。

それをごまかすために事故現場から逃げたのではないでしょうか。

警察の発表を待ちましょう。

井上裕介の罪の重さは

過失運転傷害

まず過失運転傷害ですが、7年以下の懲役・禁固または100万円以下の罰金。

というのが自動車運転過失傷害罪の罰則になります。
しかし、相手に追わせた怪我などが軽度の場合は情状が効く場合もあります。

ただ、相手側も動いていたと仮定すれば100%井上裕介さんの過失ということも無いように思います。
相手側の前方不注意も認められれば罰金も加点も少しは軽減されるでしょう。

救護義務違反(当て逃げ)

当て逃げをしてしまった場合は付加点数として5点が付されます。

当て逃げの刑事罰は1年以下の懲役 または 10万円以下の罰金です。

井上裕介さんの当て逃げ事故で影響は

井上裕介さんは当て逃げ事件を起こした翌日にはセミナーの予定が入っていました。

しかし、今回の当て逃げの影響で出演を急遽キャンセル

NON STYLE井上裕介さんのピンチヒッターとして品川庄司の庄司智春さんが講師として呼ばれるということに。

年末年始で井上裕介さんには多くの予定がありましたが今後の予定にどう影響をするのでしょうか。

番組関係者は井上裕介さんの撮影済の番組の処理に奮闘しそうです。

QandAまとめ

井上裕介さんが事故を起こしただけなら多少の謹慎で済んだのかもしれませんが、当て逃げというのは大きな不祥事。

直近ですと2016年12月14日に日テレで「人気芸人50人大集合!スキャンダルも大激白 無礼講の宴!大忘年会」が放送予定。

この番組には井上裕介も登場し「ノンスタ井上が元カノ話で大慌て!」という項目もあります。

しかし放送の直前にガチの不祥事というかスキャンダルをしてしまったためどうなるのかがとても気になる。

時間もなさすぎますしそのままモザイク処理で放送しそうな気もします。

 

sponsored link

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

wpDiscuz