SMAP解散騒動の裏側、飯島三智の新事務所とは

SMAP解散騒動の裏側、飯島三智の新事務所とは

2016年末のSMAP解散騒動、その後も中居正広さんの同棲熱愛発覚や、香取慎吾さんの隠し子騒動、木村拓哉さんの主演映画『無限の住人』の大コケなど、まだまだSMAP解散の余波は無くなりそうにありません。

そんなSMAP解散騒動の裏側では一体なにが起きていたのでしょうか?

今回はそんなSMAP解散騒動の裏側に迫って行きたいと思います。

スポンサーリンク

SMAPのマネージャー問題

SMAPのマネージャー問題

SMAPの5人には、それぞれ個別にマネージャーがついており、テレビ局がSMAPのメンバーにオファーを出すときは、それぞれの担当マネージャーに話しを通します。

ジャニーズ事務所にはSMAPを統括するチーフマネージャーという肩書の人間がいることにはいるのですが、各マネージャーのほうがチーフマネージャーよりも年齢が高かったりするため、チーフマネージャーから各マネージャーにマネジメントの方向性などを強く言えなかったり、事務所の方針をうまく伝えられないような事もあり、それがSMAP5人の溝を深める原因でもあったようです。

はたから見ていると、ジュリーさん&メリーさんvs飯島三智元チーフマネージャーという対立構造だと思っていたのが、フタを開けてみたらマネージャークラスでもいざこざがあり、SMAP解散以降も内部の揉め事が絶えることはないようです。

最近では、飯島三智さんの元部下で、ジャニーズのチーフマネージャー以上の役職にいたA氏の退社も衝撃的でしたね。

このA氏の退社の背景には、田辺エージェンシーとケイダッシュが絡んでいるという噂もあります。

解散騒動の頃にSMAPを担当していたA氏が辞めるという話は、テレビ局内でも頻繁に出ていました。テレビ局内でも噂されるほどの地位にいたA氏の退社はジャニーズにとっても痛手だったでしょう。

飯島三智とA氏が新事務所設立

飯島三智とA氏が新事務所設立

そんなA氏がジャニーズを辞めて、飯島三智さんと合流して新事務所を設立するのでは?という噂もあるようで、飯島三智さんは中国資本のラオックスと手を組み新事務所を設立し、元KAT-TUNの赤西仁さんのマネジメントをすでに始めているようです。

その新事務所に木村拓哉さん以外のSMAPメンバー、中居正広さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんが移籍するのではないかと言われています。

ジャニーズを裏切った形での飯島三智さんの新事務所に移籍にするとなると、ジャニーズが大激怒するのは必須のことで、日本の芸能界で活動して行くのは難しいでしょう。

しかし、飯島三智さんの後ろ盾となっているのはラオックスです。

ラオックスと言えばその昔、ITバブルの崩壊という不況の煽りで倒産の危機となったことでもお馴染みですね。

しかしその後、中国資本の蘇寧電器がラオックスを買収しました。

蘇寧電器は『中国民営500強』という中国の民営企業でのランキングで第3位となるほどの大企業。

飯島三智さんのマネジメント、中国の膨大な資本、元SMAPメンバー、敏腕マネージャーA氏が揃えば、いくら天下のジャニーズといえども簡単に手出しは出来ないでしょう。

このニュースを45秒で解説

これまで芸能界はジャニーズの天下と言っても過言ではありませんでした。

しかし、SMAP解散騒動がもたらした余波はいくらジャニーズといっても無視出来ないほどになりました。

ジャニーズの敏腕マネージャーたちが続々と辞めて行き、今後まだまだ辞める人は多いでしょう。

さらに飯島三智さんが大々的に動き出せば、移籍するジャニーズタレントやスタッフも出て来るはずです。

ジャニーズの天下が終わる日も近いかもしれませんね。

sponsored link

SMAP解散騒動の裏側、飯島三智の新事務所とは

この記事をみんなにシェアしよう

コメントを残す

並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い

バーニングプロダクションとジャニーズ事務所を、田辺エージェンシー社長が間違いなくぶっ潰すだろう。そしたらタレントが自由に他の芸能プロダクションに移籍するでしょうし。

wpDiscuz